リサイクルショップで家具を買おう

>

質の良い家具とはどういったものなのか

質のいい家具とは

家具というものは、生活雑貨の小物と違い、生活に深く関わる大切なものであり、頻繁に買い替えるようなものでもありません。だからこそ、誰もが「質のいいものを」と思うものです。しかし、いざ「質のいい家具」といわれても、どういった家具がそれにあてはまるのでしょうか。
大切な観点のひとつとして、「耐久性」があげられます。
消耗品ではないですし、10年後や20年後も使うことを考えると、仮に高級な素材を使っていても、すぐに壊れてしまうような家具は質のいいものとは言えないでしょう。
それから、「使い勝手の良さ」も大切なポイントです。
所謂「機能性」です。最近ではスライド式の本棚や折りたためるテーブル、ベッドなど、さまざまな機能を兼ね備えた家具が多くなってきています。
それぞれの部屋の大きさ、家族構成など、生活していく環境に合わせた頑丈で使いやすい家具を選びましょう。

質の良くない家具を避けるには

それでは、すぐに壊れてしまう家具など、あまり質の良くない家具を避けるにはどういったことに気を付ければいいのでしょうか。
ひとつの注意点として、「自宅で組み立てる家具」はあまりおすすめできません。車で持ち帰ることができますし、狭い廊下をどうにか運ぶこともなく部屋で組み立てられるということはとてもいい点なのですが、その分耐久性が弱く、ねじやビスが外れてしまってつかえなくなってしまうことも珍しくありません。

もっとも大切なことは、何年後まで使うかを想定して買うことです。
「子どもが出ていくまでは使う」「次の転勤までの数年間だけ」子供の成長や生活の変化に合わせて家具に求める機能性は変わっていきます。そのターニングポイントを想定し、それまでの生活に見合った金額や機能の家具を選ぶと、より生活が豊かなものになるでしょう。


この記事をシェアする